離乳食の卵

離乳食に関する事項が掲載されている本や、インターネット上のWEBサイトに必ずといっていい程書かれていることが、卵についてです。つまり、離乳食時に卵を与える時は気をつけなさいよ…というものです。

卵は栄養価の高い食物ですし、離乳食時に卵は正にピッタリなのですが、しかしアレルギーの心配があるため充分に気をつけなければなりません。食物アレルギーというのは、食品に含まれているアレルゲンというアレルギー物質を体内に取り込むことで、身体がそれを異物だと判断し、身体が過剰に反応してしまう状態を言います。

なんとか異物を排除しようと免疫機能が働くのですが、身体に無害なものまで排出しようとしてしまうんですね。その結果、下痢・嘔吐・腹痛・湿疹・蕁麻疹・アトピー性皮膚炎・くしゃみ・せき・喘息…等の症状が表れ、酷い場合はアナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。アナフィラキシーショックは、呼吸困難や意識不明など大変危険な状態を引き起こし、時には死んでしまうこともある怖い症状です。

離乳食で卵に気をつけなさい…と提示されているのは、アレルギー物質を多く含み、実際のアレルギー発症数が多く、重篤な症状に至るものが多いtめなんですね。ちなみに卵以外にも、離乳食時は乳・小麦・蕎麦・落花生なども挙げられています。

生後5ヶ月~6ヶ月の離乳食の初期段階では、卵は卵黄のみ使用します。卵は白身と黄身がありますが、黄身はタンパク質・脂肪・ビタミン・ミネラルが豊富な他、消化・吸収も良いですし、何よりアレルギーを起こしにくいのです。逆に白身は、ほとんどタンパク質が成分で、アレルギーを起こしやすいのです。もちろん、初めて与える際は、少しずつの量を心がけて下さい。

離乳食時に卵を与える際に注意しなければならないのは、「しっかり加熱をする」ということです。生よりも加熱した方がアレルギーを起こしにくいですし、何より食中毒等の心配もあるため、離乳食を終える1歳半頃までは卵を生で与えるのは避けて下さい。

また、離乳食では、卵を使った食品全てに注意する必要があります。クッキーやボーロなどの材料に卵を使った食品に対しても注意して下さいね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。