離乳食とアレルギーについて

食物アレルギーというのは、食物のなかに含まれている成分が自分の身体に入った際、身体がそれを「異物」として判断し、過剰に反応することを言います。どの食物の成分に反応するか…は、当然人によって違いますし、食物アレルギーは大人も子供も関係ありません。

離乳食でもアレルギーには充分に注意しなければなりません。乳児がアレルギーを起こしやすい食物は、卵・牛乳・小麦粉・大豆が挙げられます。まだ赤ちゃんは、腸管が完成されていませんから、卵や牛乳に含まれているアレルゲンが体内に入り込むと、それを異物として処理してしまう場合が多いのです。
そうなってしまえば、アレルギー症状が引き起こされてしまいますよね?
そうならないように、離乳食でアレルギーが起こらないよう、「卵は黄身から少しずつ…」や「牛乳は必ず加熱して…」と注意を促されるのです。ちなみにこのアレルゲンは、ほかにも、蕎麦・魚卵・甲殻類・果実・ナッツ類・添加物などに含まれています。

食物アレルギーの症状には様々な症状があります。湿疹・蕁麻疹・唇の異常(腫れ・違和感)・嘔吐・蹴り・頭痛・不快感・喘息…などが挙げられますが、酷いときはアナフィラキシーという一種のショック状態に陥ってしまうこともあります。もちろん、離乳食によるアレルギーで、これらの症状も充分に起こりうることです。離乳食を食べるような乳児期によくみられるアレルギー症状には、アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・失神などの皮膚の異常が多く、次に喘息などに進行していきます。

もし、アトピー性皮膚炎に診断された赤ちゃんの場合は、念のため、離乳食時にアレルギーを注意してあげてください。また、万が一、離乳食でアレルギーの症状が出たことを考えて、いつ何を食べたか…などをノートにまとめておくと助かりますよ。

胃腸が未発達な赤ちゃんは、離乳食時にアレルギー反応を起こしやすいので、動物性タンパク質は特にゆっくり進めていくことをオススメします。また、初めて口にする食品を与えるときは、万が一のことを考えて、かかりつけの病院が開いている時間に食べさせるなどの配慮も良いですね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。