離乳食

ベビーが成長してくると、始まるのが離乳食です。ここ最近は、5か月くらいから始める人も多く、そのくらいから始められるメニューを載せた本なども販売されています。昔は、あまり早く始めるのは良くないと言われていたらしいですが、最近は、離乳食への第一歩としてミルク以外のものの味に慣れさせるということを早い段階から始めることも多いです。

離乳食はみなさん基本的には手作りを心がけると思いますが、レパートリーの偏りや外出時の不便さを解消するためにレトルトの離乳食を利用するケースも多いです。レトルトの離乳食を味見して思ったのですが、意外としっかり味が付いていて、自分の味付けとは異なるので、ベビーにはいい刺激になるかもしれませんね。

さて、この離乳食作りですが、実際に自分が作るときに色々情報収集して気付いたのが、何てアイデアの宝庫なのだろうということです。例えば、離乳食を始めたばかりの頃は、お粥でもなんでもスプーン1杯、しかもこのスプーンというのが離乳食スプーンなので、そんな量のお粥を毎回準備したりできないですよね。そこで、少量のお粥でも電子レンジでできるお粥カップが便利です。計量カップくらいの大きさの耐熱容器に少量のお米とお水を入れて電子レンジでチンすると離乳食用のお粥ができるというものです。もし離乳食が余ったときも、製氷皿にスプーン1杯ずつとか量を決めて入れて、冷凍庫で冷凍しておけば、必要な時に必要量を解凍して温めれば、待たせずに離乳食をあげることができます。

こういった離乳食のアイデアは、母が離乳食を作っていく中から生まれてきたものなのでしょうね。母の負担を軽くするためのアイデアだけでなく、ベビーの負担を軽くすることも考えて生まれてきたアイデアも多くあります。無理に手作りする必要はなく、うまくレトルトや離乳食作りを補助するレトルトもありますので、そういったものを利用して、母もベビーも楽しい離乳食にしてほしいです。

離乳食とは

離乳食とは、赤ちゃんが成長していく過程で必要なもので、生まれてからずっと「飲む」という行為しかしてこなかった赤ちゃんが、徐々に「食べる」という行為へ進めていくために必要な食事のことを言います。

漢字を見てもらうと判りますよね、これまでずっと飲んでいた母乳やミルクから徐々に離れて、固形物を食べられるようになる。…そのための架け橋が離乳食なのです。

もちろん、成長と共に必要な栄養分を摂取するためでもありますし、「噛む」「飲み込む」といった運動に徐々に慣れていく効果もありますし、食感を覚えるという意味もあります。

離乳食は、一般的に生後5ヶ月~6ヶ月頃から始めるのがベストだといわれています。首もしっかり座る頃ですよね。いきなり硬い固形物を与えるのではなく、ミルクとは違う味の重湯・スープ・果汁から始めます。そして慣れたらつぶしがゆ・パンがゆ・野菜のペースト、豆腐・白身魚をつぶしたものを試してみます。

基本は薄味で。大人が食べて味気なく感じるものを与えて下さい。これが、いわゆる離乳食の「初期」ですよね。まずは「飲み込む」を上手にできるようにすることが大切です。

そして、生後7ヶ月~8ヶ月頃の「中期」では、「舌で食べ物を潰せる」ことが重要っです。全がゆ・野菜や果物のペースト・白身魚・豆腐・卵黄~全卵、そして乳製品を与えて下さい。

離乳食「後期」は、生後9ヶ月~11ヶ月で、「歯茎で潰す」ということを覚えます。バナナくらいの方さが目安ですね。全がゆも徐々に軟飯へ変えて生きます。量も「中期」の頃と比べて増やします。

最後の離乳食「完了期」は生後1歳~1歳半頃で、「歯茎で噛む」ということが大切です。硬さの目安は肉団子ほどの柔らかさです。軟飯は、徐々にご飯へと変えて生きます。

ただ、離乳食というのは赤ちゃんによって始める時期などが異なりますので、あくまで上記の時期は目安です。

もちろん、離乳食は徐々にその量を増やし、ミルクの量を減らしていくことが大切なのですが、お母さんに焦りは禁物です。
育児雑誌と同じようにいかずに悩むお母さんも多いようですが、ゆっくりゆっくりと離乳食に慣れさせていっても何ら問題はないわけですから、焦らず楽しく行なうことが大切です。

ただでさえ離乳食を与えるというのは手間がかかることなのですから、更に精神的な不安を増やす必要はありませんよ。

離乳食のベビーフード

離乳食には便利なベビーフードも存在します。全て手作りの離乳食が良いか、ベビーフードを使っても良いか…は、これはお母さんによって違いますよね。

もちろん、全て手作りの離乳食メニューであることが好ましいのですが、仕事をしていらっしゃるお母さんもいれば、上に兄姉のお子さんがいるお母さんもいます。

個人的には、少しでも手間をなくし、離乳食に対して少しでも楽しく向き合うことができるならば、ベビーフードの利用も良いのではないかなと思うのです。

離乳食が嫌で嫌で…と、手作りしなければならないという考えのせいでウンザリし、食事の時間が全く楽しくなければ、それは赤ちゃんにも伝染してしまいます。それならばいっそのこと、離乳食にベビーフードを取り入れて、少しでも楽しい時間にした方が良いと私は思います。

現在、離乳食のベビーフードは本当に多く存在しています。各メーカーから、レトルト・瓶詰め・フリーズドライ・粉末(スープやダシ・ジュースなど)…などといったタイプがあり、もちろん種類も多種多様にあります。幾つかのベビーフードをストックしておくと、万が一、お母さんの体調が悪い時などは、離乳食時にベビーフードが助かりますし、気づいたら食材がない!という時でも、とりあえず離乳食は確保できますよね。

それに普段の離乳食作りでも、ベビーフードを上手に利用すると本当に手間が省けます。

例えば、ダシやスープなどは、いちいち1から作っていてはとても面倒ですよね。

野菜をゆでたり、おかゆを作ったり…と忙しいうえに更にダシやスープを作るのではなく、そこは粉末のダシやスープを使用だけでかなり楽になります。離乳食用にと、ゆでて裏ごしした野菜は自分で作り、おかゆはベビーフードを利用しても良いですし、逆におかゆは自分で作り、そのトッピングの野菜のペーストはベビーフードを利用する…という方法でも良いですよね。

離乳食のベビーフードは、硬さも柔らかさもそれぞれの月齢にあわせて作られていますから、その点も安心して与えることができると思いますよ。

関連リンク

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。